日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

大浜海岸でオオメダイチドリとか

2020年3月31日(旧暦では2020年3月8日)

自宅から徒歩数分の大浜海岸はいつも保育園に子どもを送る時に双眼鏡でチェックするだけですが、今日は満潮と重なっていたので、保育園の帰りに撮影。一時は、メダイチドリがメインの200羽の群れがいたりしたのですが、この日はメダイチドリが40、オオメダイチドリが5、トウネンが20、ムナグロが15、アオアシシギが10、キョウジョシギが10、キアシシギが5程度でした。

まだ冬羽の個体からほぼ夏羽に換羽した個体までいろいろいて楽しめました。^^

オオメダイチドリ

真ん中にオオメダイチドリ。

オオメダイチドリ

こちらもオオメダイチドリ。上の個体より夏羽への換羽が多少進んでいます。

オオメダイチドリ

微妙なんだけどオオメダイチドリ。

トウネン / メダイチドリ

メダイチドリとトウネン。トウネンは冬羽の個体と夏羽の個体がいます。

オオメダイチドリ / メダイチドリ

メダイチドリと右の個体はオオメダイチドリかも。

キアシシギ / メダイチドリ

キアシシギとメダイチドリ。

シロチドリ

シロチドリ夏羽へ換羽中。

アオアシシギ

アオアシシギ冬羽。

キョウジョシギ

ほかのシギチが寝ている中、キョウジョシギは群れで歩きながら獲物を探していた。

キョウジョシギ

キョウジョシギが小さなミミズのような生物を捕まえた。

トウネン

トウネンは冬羽の個体からほぼ夏羽の個体までバリエーションに富んでいる。

クロサギ

沖合をクロサギの白色型が飛んでいた。