日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

カタグロトビとハヤブサ

Dec. 10, 2019(旧暦では2019年11月14日)

同じ田んぼにカタグロトビとハヤブサがいました。ハヤブサはコウライキジに突撃していましたが失敗。カタグロトビは首尾よくネズミを捕まえました。

どちらも警戒心が弱く、比較的近距離で観察、撮影できました。

カタグロトビ

定着して4年ほど経ち、個体数も増えているので、カタグロトビは石垣島の日常の風景になってきました。

カタグロトビ

捕まえたネズミを食うカタグロトビ。いつもスプリンクラーの上で食います。

カタグロトビ

カタグロトビは1年ほどですっかり成鳥の羽に変わります。目の色も幼鳥時代の薄いオレンジから真っ赤になっています。

カタグロトビ

お気に入りの見張り台。

ハヤブサ

ハヤブサの成鳥メス。わずかに幼羽が残っているので、まだ若い個体です。

ハヤブサ

先月見つけた大陸からと思われるハヤブサ と比べるとずいぶん雰囲気が違うのが分かりますね。

Category: 野鳥
Tagの付いた記事: EF600mm F4L IS II USM  /  EXTENDER EF2×III  /  カタグロトビ  /  ハヤブサ