日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

漫湖干潟でリュウキュウヨシゴイほか

Aug. 22, 2017(旧暦では2017年7月1日)

漫湖干潟でナンヨウショウビンの登場を待っているとリュウキュウヨシゴイが登場。以前よりかなり数を減らしているそうです。私も漫湖干潟で見たのは初めて。

秋の渡りのシギは、チュウシャクシギやキアシシギ、アカアシシギ、ソリハシシギが多くいます。アオアシシギは数羽。

肝心のナンヨウショウビンは出ませんでした。^^; 明日に期待。

石垣島の楽しいバードウオッチングは、こちらからお申し込みください

↑↑↑

このウェブログには掲載されていない、あんな鳥やこんな鳥もみられるかも!! 石垣島ナンバーワン野鳥ガイドのスポッターさんを SHIMASOBA が責任をもっておすすめします!!

写真の腕は超一流で SHIMASOBA もこの方に野鳥の撮影方法を教えてもらいました。本業の新聞記者としても役に立つ技術で、いつも感謝しています。回し者でもなんでもないのですが、コロナで大変なので勝手に宣伝しています。

リュウキュウヨシゴイ

満潮に向けて潮が満ちてきたらいつのまにかリュウキュウヨシゴイが現れました。

チュウシャクシギ

チュウシャクシギをはじめ、漫湖干潟にやってくるシギたちは、カニをよく食べます。

アオアシシギ

アオアシシギは、数羽の飛来。ほぼ冬羽に変わっているのか、白く目立つ個体でした。