日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

リュウキュウコノハズク、リュウキュウアオバズクの営巣

2015年6月11日(旧暦では2015年4月25日)

コノハズクの新しい巣を発見しました。メスが抱卵しているのが小さな巣穴から見えました。また、 昨日のアオバズク は、たまたま出てきたのではなく、この近くで営巣しているようです。昨日と同じ木に止まっていました。

アオバズク(亜種リュウキュウアオバスク)

アオバズクがセンダンの木に止まっていました。どの木が営巣木かは不明。

コノハズク(亜種リュウキュウコノハズク)

コノハズクの新規営巣木を見つけました。近くでは、オスが見張りをしています。小首を傾げて可愛いですね。でも、カラスが近ずくと猛アタックして追い払っていました。

コノハズク(亜種リュウキュウコノハズク)

双眼鏡をぶら下げて、防風林を歩いていると何やら視線を感じました。小さな巣穴からコノハズクのメスが見えました。まだ、抱卵しているようですね。