日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

台風後のオグロシギ、コアオアシシギなど

2020年8月23日(二十四節気の処暑、旧暦では2020年7月5日)

台風通過後で田んぼにはいつもの数倍の鳥たちが集まっていました。

田んぼを午後6時から1時間ほど回った結果、特に増えたのがセイタカシギで170、その次はタカブシギで150、アカアシシギ50、アオアシシギ40、トウネン20ほどです。ヒバリシギも多いのですが、なにせ小さいので50まで数えたところでギブアップしました…。^^; さんざん載せているので写真は省略で…。

そんな中、1羽だけいたのが今季初のオグロシギ。春と秋には定期的に石垣島を中継していきますが、数は多くないです。コアオアシシギも1羽だけ。こちらはまもなく、幼鳥も含めて増えて来ると思われます。

台風が来てこれだけ一気に増えるということは、天気がいいと石垣島に寄らずに通過していくシギやチドリの群も多いのでしょうね。

石垣島の楽しいバードウオッチングは、こちらからお申し込みください

↑↑↑

このウェブログには掲載されていない、あんな鳥やこんな鳥もみられるかも!! 石垣島ナンバーワン野鳥ガイドのスポッターさんを SHIMASOBA が責任をもっておすすめします!!

写真の腕は超一流で SHIMASOBA もこの方に野鳥の撮影方法を教えてもらいました。本業の新聞記者としても役に立つ技術で、いつも感謝しています。回し者でもなんでもないのですが、コロナで大変なので勝手に宣伝しています。

オグロシギ

今季初のオグロシギ成鳥冬羽。 春には同じ田んぼにオス がやってきました。

コアオアシシギ

コアオアシシギ成鳥。夏羽から冬羽へ換羽中。

アオアシシギ

アオアシシギ数羽の群れの中でどきっとした個体。おそらくここだけ水深が深いと思われます。

アマサギ

アマサギも増えてきました。