日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

今季初エリマキシギ、増えたチュウジシギほか

2020年8月21日(旧暦では2020年7月3日)

今季初のエリマキシギを確認。幼鳥のメスでした。

チュウジシギは一昨日、今季初を確認 しましたが、今日は4個体ほど確認することができました。同じ田んぼにツバメチドリ4羽もいたのですが、とりあえずチュウジシギの写真をおさえているとカラスに驚いてはるかかなたに飛び去ってしまい再発見できませんでした。

ほかにもアカアシシギやアオアシシギ、セイタカシギ、クサシギ、ヒバリシギ、タマシギ、ムナグロ、コチドリなどを確認。賑やかな田んぼとなっていました。

2日前のベニバトとジャワアカガシラサギは再発見できませんでしたが、短時間でシギがこれだけ見られれば満足ですね。^^

石垣島の楽しいバードウオッチングは、こちらからお申し込みください

↑↑↑

このウェブログには掲載されていない、あんな鳥やこんな鳥もみられるかも!! 石垣島ナンバーワン野鳥ガイドのスポッターさんを SHIMASOBA が責任をもっておすすめします!!

写真の腕は超一流で SHIMASOBA もこの方に野鳥の撮影方法を教えてもらいました。本業の新聞記者としても役に立つ技術で、いつも感謝しています。回し者でもなんでもないのですが、コロナで大変なので勝手に宣伝しています。

チュウジシギ

チュウジシギ成鳥。冬羽へ換羽中です。

チュウジシギ

こちらもチュウジシギ成鳥。水浴び後の羽繕い中。

チュウジシギ

念のため、脇羽を確認。

チュウジシギ

尾羽も確認。

チュウジシギ

こちらもチュウジシギ成鳥。早く幼鳥も見たいですね。近すぎたのでフリーズしちゃいました。^^;

チュウジシギ

土手をつつくチュウジシギ。ずいぶんと尾羽が短く見える個体です。なんらかのアクシデントに遭ったのか?

エリマキシギ

今季初のエリマキシギ。幼鳥メスでした。場所的に2日前に教えてもらって見られなかった個体かもしれません。

ヒバリシギ

ヒバリシギ。赤味がないタイプの幼鳥。

ヒバリシギ

こちらも幼鳥。最近、幼鳥が増えてきました。

ヒバリシギ

こちらはヒバリシギ成鳥。夏羽後期ですが、数枚の冬羽も見えています。

タマシギ

タマシギのオス。

アオアシシギ

アオアシシギ成鳥。夏羽から冬羽へ変わりつつあります。

クサシギ

クサシギ夏羽後期。1週間ほど前から増え出しました。

セイタカシギ

セイタカシギ。まだまだ幼羽をたくさんまとっています。

アカアシシギ

アカアシシギ幼鳥。

ムナグロ

ムナグロ夏羽から冬羽へ。10羽ほどの群れの中でこの個体の換羽が一番進んでいました。

コチドリ

コチドリ。冬羽へ移行中。