日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

芝生のホシムクドリ、草原のクロハラアジサシ、三角池のエリマキシギなど

Nov. 20, 2018(旧暦では2018年10月13日)

ムクドリの群れにホシムクドリ。芝生に降りてクモやイモムシを捕まえていた。同じ芝生のイソヒヨドリとコチドリ、ハクセキレイも。イソヒヨドリはミツバチをくわえていた。

草原には、クロハラアジサシが4羽舞っていた。成鳥2羽と幼鳥2羽。バッタを捕まえているようでした。

三角池には、エリマキシギが2羽滞在中。ハマシギやタシギ、アカアシシギ、セイタカシギなどもいますが、ハマシギはさらに南下していくと思われます。

ホシムクドリ

ホシムクドリの小さな群れ。芝生を歩き回っていた。

ホシムクドリ

米粒ほどの小さなクモを捕まえた。

ホシムクドリ

こちらのホシムクドリはイモムシをゲット。

ホシムクドリ

羽のお手入れ。光が当たると金属光沢が美しいホシムクドリ。

コチドリ

コチドリ。後ろの影が怪しげ。

ハクセキレイ(亜種ホオジロハクセキレイ、亜種タイワンハクセキレイ、亜種シベリアハクセキレイ)

ハクセキレイも数羽。

イソヒヨドリ

イソヒヨドリが捕まえたのはミツバチでした。

イソヒヨドリ

イソヒヨドリのオス成鳥。

ホシムクドリ

チョウゲンボウの気配に緊張するホシムクドリたち。

クロハラアジサシ

クロハラアジサシ幼鳥2羽の急降下。

クロハラアジサシ

クロハラアジサシ成鳥冬羽。

エリマキシギ

三角池のエリマキシギは2羽とも健在。いつまでいるのだろう?

ハマシギ

ハマシギも数羽滞在中。