日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

シロチドリ vs. 野良猫(動画あり)

2017年4月20日(二十四節気の穀雨、旧暦では2017年3月24日)

今日は、二十四節気の一つで春の雨が降るころとされる穀雨でした。一昨日には、沖縄では1カ月ぶりとなる雨が降りましたが、ダムの貯水率は相変わらずの半分以下で慈雨とはならず…。^^; 波照間島では、4月の観測史上最高となる30.5度を記録したそうです。

3日前に見つけたシロチドリの巣 の様子をのぞいてきました。今日は、4巣に一つ追加して5巣が確認できました。1巣を除いて4巣では、メスが抱卵していました。

先日も書いた通り、ここは野良猫がいるのですが、今日は、3頭も野良猫が現れた。巣の近くを通るとシロチドリは、あっさりと逃げていた。ヒナが孵っていたら擬傷行動をするのですが、卵の場合はどの親鳥も素早く逃げるようです。

野良猫は、世界中で野鳥に甚大な被害を及ぼしています。なんとかしてほしいですね。

石垣島の楽しいバードウオッチングは、こちらからお申し込みください

↑↑↑

このウェブログには掲載されていない、あんな鳥やこんな鳥もみられるかも!! 石垣島ナンバーワン野鳥ガイドのスポッターさんを SHIMASOBA が責任をもっておすすめします!!

写真の腕は超一流で SHIMASOBA もこの方に野鳥の撮影方法を教えてもらいました。本業の新聞記者としても役に立つ技術で、いつも感謝しています。回し者でもなんでもないのですが、コロナで大変なので勝手に宣伝しています。

シロチドリ

ここのシロチドリの近くが一番の猫の通り道のようでした。

シロチドリ

猫が来て親鳥が巣から飛び立った後、卵が三つ残されていた。

シロチドリ

ここの巣は、オスのシロチドリが抱卵していた。図鑑によるとオスの抱卵は夜だということなのですが…。

シロチドリ

ここも猫が通ったら親鳥は逃げた。卵は二つのようだ。三つに増えるようならヒナが孵る日を読めるので、継続観察。

シロチドリ

ここは少し距離がある。猫も通らないので影響はなさそう。

シロチドリ

ここのシロチドリは、猫や人が近くを通っても逃げない個体だった。

シロチドリ

上のシロチドリが立ち上がった。卵は三つ確認できた。

シロチドリの営巣地をウロウロする野良猫。

猫自体は可愛らしいんだけど、一度野に放たれたら野鳥や小動物たちの脅威。駆除が必要ですね。

Category:野鳥