日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

春の渡り ヒバリシギ、ホオジロハクセキレイなど

March 7, 2021(旧暦では2021年1月24日)

シギの春の渡りのヒバリシギの群れが到着しました。春、秋ともに沖縄や八重山で渡りの初陣を飾るのはヒバリシギです。

ヒバリシギを見ていると10羽近い数のホオジロハクセキレイの群れも舞い降りてきました。こちらも北上組と思われます。全てオス個体でした。

越冬していたコガモやハシビロガモもほとんど姿を消し、残りはわずかです。石垣島など沖縄では数少ないマガモも1羽だけいました。

石垣島で繁殖するカルガモはこの時季、増えてきました。繁殖組と通過組がいます。

ツグミの仲間も渡りが始まり、民家の屋根に渡る決意を固めた数羽が群れていたりします。

ヒバリシギ

ヒバリシギ成鳥冬羽。わずかに越冬しますが、この群れは8羽の渡り組でした。

ヒバリシギ

ヒバリシギ第1回冬羽。

ハチジョウツグミ

今冬、田んぼで越冬したハチジョウツグミ。まもなく見えなくなるでしょう。

ホオジロハクセキレイ

ホオジロハクセキレイ成鳥オスの夏羽。

ホオジロハクセキレイ

ホオジロハクセキレイ成鳥オス。冬羽から夏羽へ換羽中。

マガモ

石垣島では比較的珍しいマガモ。

コガモ

コガモのメス成鳥。

ハシビロガモ

ハシビロガモのメス非生殖羽。

カルガモ

カルガモは石垣島で周年生息していますが、春と秋の渡りの季節は通過組が追加されて一時的に激増します。