日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

エリマキシギ、アカアシシギ、ヒバリシギほか

2020年9月9日(旧暦では2020年7月22日)

シギ、チドリの入れ替わりが激しい石垣島です。今日はエリマキシギが2羽、比較的内陸の田んぼにやってきました。

アカアシシギはどこの田んぼに行っても数羽で群れていて、成鳥、幼鳥が混在しています。

ヒバリシギは幼鳥が圧倒的に多いです。

トウネンはやっと幼鳥が入りだしました。代わりに成鳥の個体数は減りました。

ほかは、タカブシギやセイタカシギ、チュウジシギが多く滞在しています。

石垣島の楽しいバードウオッチングは、こちらからお申し込みください

↑↑↑

このウェブログには掲載されていない、あんな鳥やこんな鳥もみられるかも!! 石垣島ナンバーワン野鳥ガイドのスポッターさんを SHIMASOBA が責任をもっておすすめします!!

写真の腕は超一流で SHIMASOBA もこの方に野鳥の撮影方法を教えてもらいました。本業の新聞記者としても役に立つ技術で、いつも感謝しています。回し者でもなんでもないのですが、コロナで大変なので勝手に宣伝しています。

エリマキシギ

エリマキシギのオス幼鳥。同じ田んぼにメスの幼鳥もいました。

アカアシシギ

アカアシシギ幼鳥。第1回冬羽が少しだけ見えています。

ヒバリシギ

ヒバリシギ幼羽。美しいですね。

トウネン

トウネン幼鳥。

タカブシギ

タカブシギ幼羽から第1回冬羽へ。

キアシシギ

キアシシギ成鳥の夏羽後期(手前)と幼鳥。

チュウジシギ

チュウジシギ幼鳥。

メダイチドリ

メダイチドリ幼鳥。大潮満潮の時間帯だったので田んぼに避難してきたようです。

ハマシギ

ハマシギ幼鳥。今年はまだ成鳥が現れません。