日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

春のベニバト5羽到着

May 25, 2020(旧暦では2020年閏4月3日)

石垣島では、2週間ほど前に複数羽の若いベニバトが観察されましたが、今日は、2カ所にて5羽のベニバトが現れました。オス3羽、メス2羽はすべて成鳥のようでペアリングしていると思われる個体もいました。石垣島での繁殖も目前か?!

石垣島では日本一早い新米「超早場米」の収穫が5月中旬ぐらいから始まり、米に集まるベニバトなどの観察がしやすくなります。

シマキンパラの小さな群れは、今年巣立った幼鳥を引き連れていました。石垣島では、街路樹のフクギなどにワラなどを集めて巣を作り繁殖していますが、大幅に数を増やすこともなく細々と生きている感じです。

石垣島の楽しいバードウオッチングは、こちらからお申し込みください

↑↑↑

このウェブログには掲載されていない、あんな鳥やこんな鳥もみられるかも!! 石垣島ナンバーワン野鳥ガイドのスポッターさんを SHIMASOBA が責任をもっておすすめします!!

写真の腕は超一流で SHIMASOBA もこの方に野鳥の撮影方法を教えてもらいました。本業の新聞記者としても役に立つ技術で、いつも感謝しています。回し者でもなんでもないのですが、コロナで大変なので勝手に宣伝しています。

ベニバト

春の渡りでやってきたオス成鳥のベニバト。キジバトと一緒に過ごしていました。

ベニバト

超早場米の刈り取りあとで落穂をついばむベニバト。

シマキンパラ

シマキンパラの成鳥。米も食害しますが、雑草の種子も食べてくれます。

シマキンパラ

シマキンパラの幼鳥。この小さな群れは、幼鳥を何羽か引き連れていました。

Category: 野鳥
Tagの付いた記事: FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS  /  SEL14TC  /  シマキンパラ  /  ベニバト