日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

国頭村営林道夜間通行規制にかかる許可証の取得方法

2016年9月2日(旧暦では2016年8月2日)

夜間通行規制の注意点

国頭村営林道における夜間通行規制が本日より始まりました。

しばらくやんばるへ行っていなかったので、バードウオッチングしがてら国頭村役場経済課の担当者を訪ね、詳しい話をうかがってきました。当初心配していたようなものではないようで、申請したら誰でも許可はもらえそうです。観光で来る方も何ら問題ないようです。

みなさんが知りたいであろうところを確認してきたつもりです。ほかにも疑問があれば フォーム から教えてください。

  • 規制時間は日没から日の出まで。
  • 昆虫採集やバードウオッチング、生物観察、調査研究などが利用目的として許可されます。もちろん希少動物の採集は禁止です。
  • 登録自動車は複数台OK。観光客などレンタカー利用の場合は「進入車両番号」の項目に「レンタカー」と記せばよいとのこと。
  • 申請期間は最長1年間。旅行で来る方は、あらかじめ申請を出して許可証をもらいましょう。ただし、年度をまたぐことはできないそうです。年度をまたいだ旅程でこられる方は申請書が2通必要です。
  • 許可証の即日発行はできない。最大で2週間かかるそうですが、なるべく早く作業をしているとのことで通常は3〜4日で発行されるとのこと。

以上が主な注意点です。内容が変わるかもしれないので 国頭村のウェブサイト も確認してください。

申請方法

申請をしたい方は早めの手続きがよろしいかと思います。村のウェブサイトから申請用紙をダウンロードして必要事項を記入したのち、 返信封筒に切手を貼ったものを同封 し国頭村役場経済課に郵送してください。

村のウェブサイトにある申請書は Microsoft Word のものしか置いておらず、開くのに必要な該当ヴァージョンも記載されておりませんので、PDFに作り変えたものをリンクしておきます。以下からダウンロードしてお使いください。

夜間林道通行許可申請書PDF版 (Acrobat Reader 4.0以上が必要です。 Adobe社より 入手 してください。無料です。)

初日の規制状況

今回の規制は、村営の林道が対象ですので県営の大国林道は夜間でも通行可能です。各村営林道の入り口を見てきましたが、夜間通行禁止の大きな立て看板が設置されていました。全ての入り口にあるかは不明です。

また、大国林道を端から端まで日没後に通行してみました。初日なのに見張りの人や巡回車などは見当たらず拍子抜けしましたが、村で決めたルールは良識あるみなさんで遵守してください。

閑話の閑話

現在の申し込み状況は、ほとんどが研究機関だそうで個人はないそうです。

夜間通行の目的で許可されるもの、されないものを確認したら「いや、あなたの目的を書いてください」と少し嫌そうな面倒くさそうな感じ。しかし、ここはみなさん一番気になるところだろうと思い、例として担当の方に「夏休み親子が虫取りに来たりする場合も許可は降りるのですか?」と聞いたところ「そんな熱心な人いるんですかね?」と連れない返事でしたが、結局のところ許可は出るとのこと。

村営林道入り口には、こんな看板が設置されています。

雨の降る林道には、国の天然記念物のリュウキュウヤマガメが現れました。

沖縄県の天然記念物に指定されているホルストガエルは、暗くなるとあちこちに出現します。

Category:閑話