日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

最近の三角池の様子

2017年3月21日(旧暦では2017年2月23日)

コガモやハシビロガモもだんだんと少なくなっています。アオアシシギは今月半ばあたりから増えたり減ったり。多いときは、70羽ほどの群れが観察できます。春の渡り組でしょう。

セイタカシギは美しい夏羽に衣替えした個体も増えてきた。

1羽だけいたアカアシシギは三列風切が白く見えます。一部白化個体か?

コチドリやヒバリシギ、バン、オオバン、カルガモなども滞在中。クロツラヘラサギはいたりいなかったり。三角池にいないときは、豊崎干潟にいることが多い。

石垣島の楽しいバードウオッチングは、こちらからお申し込みください

↑↑↑

このウェブログには掲載されていない、あんな鳥やこんな鳥もみられるかも!! 石垣島ナンバーワン野鳥ガイドのスポッターさんを SHIMASOBA が責任をもっておすすめします!!

写真の腕は超一流で SHIMASOBA もこの方に野鳥の撮影方法を教えてもらいました。本業の新聞記者としても役に立つ技術で、いつも感謝しています。回し者でもなんでもないのですが、コロナで大変なので勝手に宣伝しています。

セイタカシギ

美しい夏羽が生えそろったセイタカシギ成鳥オス。

セイタカシギ

こちらはメスのセイタカシギ。

セイタカシギ

セイタカシギ第1回冬羽から夏羽へ。

アカアシシギ

白い部分が目立つアカアシシギ。翼後縁の白帯でもなさそう。一部白化個体か。

ハシビロガモ

ハシビロガモのオス。

アオアシシギ

アオアシシギは多いときは数十羽が休んでいる。