日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

ド派手なスズメとベニバト

2021年6月6日(旧暦では2021年4月26日)

雨で公園にも行けないし、新型コロナで人混みははばかられるということで行って来た 家族ボードウオッチング の続き。

リュウキュウヨシゴイのバトルやオグロシギなどが見られて短時間鳥見にしては良かったかなと思っているとスズメの群れの中に何やらあやしい鳥影。大きさ形はスズメなんですが、明らかに赤い。オリイヤマガラをさらに赤くした感じの小鳥を双眼鏡に入れてみると赤褐色の色彩変異が見られるスズメでした。これまで バフ変の白っぽいスズメ部分白化のスズメ は見て来ましたが、こんな赤くてかっこいいスズメは初めてです。妻には「スズメまでチェックしてるの?」とか言われましたが、鳥屋なら当たり前ですよね?

同じエリアにはベニバトが3羽飛来。キジバトの群れに混じって稲刈り後の落穂を拾っていました。

スズメ

スズメ成鳥。ド派手な赤褐色が群れの中でもかなり目立っていました。

スズメ

背中はこんな感じ。全身赤いです。

スズメ

ギンネム林の中で休憩。

ベニバト

ベニバトのオス。美しい紅色をしていますが、赤褐色スズメのインパクトが強すぎました…。

ベニバト

ベニバトのメス。後ろのリュウキュウキジバトと比較すると小ささがよく分かります。この時季、オスとメスで行動しているなんて繁殖を期待してしまいます。ハトは子育中はくちばしの付け根あたりにその痕跡が現れるのですが、写真を見る限りは子育て中ではなさそうです。抱卵中やヒナが小さい時は片方は巣を離れませんしね…。^^;

Category:野鳥
Tagの付いた記事:FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS / SEL14TC / スズメ / ベニバト