日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

北風の中の身近な野鳥たち

2017年1月20日(二十四節気の大寒、旧暦では2016年12月23日)

今日は二十四節気の一つ大寒。那覇市内の最低気温は、平年並みの14.6度でしたが12メートル近い北風が吹き、とても寒く感じる一日となりました。

鳥たちは、暖かいダウンを身にまとっているとはいえ、やはり寒そうに過ごしていた。

造成地の草はらには、100羽余りのムナグロと10羽ほどのキョウジョシギが地面に伏せて強風を避けていた。公園では、スズメやイソヒヨドリ、セキレイなどが寒そうに餌探し。

キョウジョシギ

強風に耐えるキョウジョシギ。

ムナグロ

ムナグロは100羽以上の群れでした。

イソヒヨドリ

イソヒヨドリも寒そう。

ハクセキレイ(亜種ホオジロハクセキレイ、亜種シベリアハクセキレイ)

ハクセキレイは、寂しそうに1羽で芝の上を歩きまたっていた。

スズメ

スズメは、公園内の芝をあちこちと群れで飛び回り、わずかに残る草の種を食っています。