日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

アカショウビン、コアジサシ営巣

2016年5月2日(旧暦では2016年3月26日)

本島南部でのアカショウビンの営巣を見つけました。南部での営巣はほとんど聞きませんが、近くで見られれば嬉しい限り。ブラインドを張るスペースも十分。近くにはイソヒヨドリが2ペア巣作り中でした。先月末ぐらいから巣立ったイソヒヨドリのヒナも何度が見ていますが、今から巣作りするペアもあるのですね。

コアジサシは町中の空き地で営巣するようでした。セッカはまだ抱卵中でしたが卵の表面がつややかなので順調に育っているようです。

コアジサシ

コアジサシは町中で営巣準備。

アカショウビン(亜種リュウキュウアカショウビン)

アカショウビンは沖縄本島南部、自宅から車で30分ほどのポイントで営巣。穴を掘ったのは数日以内のようです。

アカショウビン(亜種リュウキュウアカショウビン)

巣穴の下のクワズイモの葉に木屑が積もっていた。