日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

リュウキュウオオコノハズクの求愛給餌から交尾、樹洞へ入居

April 1, 2019(旧暦では2019年2月26日)

夕方、ヤンバルクイナ を見た後、リュウキュウオオコノハズクを探すも気温が下がり風も強くなり、なかなか見つからず。一旦、宿に戻って子どもと妻が寝静まった午前4時すぎに再び、リュウキュウオオコノハズク探しに出ると、なにやら聞きなれない声がします。

懐中電灯で探してみるとちょうどリュウキュウオオコノハズクが変な声のする方へ行ったと思うと求愛給餌でした。求愛給餌後、後尾をするとオスはすぐさまやってきた方角へ戻っていきました。メスはその場にとどまったまましばらくすると数メートル離れた樹洞に入っていきました。樹洞に入ると中からこれまた聞きなれない声でしきりに鳴いていました。

どうやらリュウキュウコノハズクと同じで営巣木の近くで求愛給餌や交尾をするようです。

3日後、鳥友が確認しに行くとやはり樹洞からしきりに鳴き声が聞こえたそうです。ここで子育てすると決めたようです。5月半ばにはヒナが巣立つことでしょう。その頃、再び訪れたいと思います。

オオコノハズク(亜種リュウキュウオオコノハズク)

リュウキュウオオコノハズクのメス。交尾を確認しているので今まで、ここで観察したオオコノハズクの雌雄が判明しました。 これはオスこっちは1枚目と3枚目がメスで2枚目と6枚目がオス ですね。ほかの個体は別のエリアです。