日々の記録。主に沖縄県は石垣島の自然を写真で紹介します。

冬の小鳥、アトリとマヒワ

2017年10月24日(旧暦では2017年9月5日)

アトリとマヒワの群れが公園に入っていました。アトリの群れは毎年、冬になると観察できますが、マヒワは沖縄では初めて見ました。

両者とも数十羽の群れをそれぞれつくり、早朝、公園にやってくると松の実やアコウの実を食っていました。餌は豊富にあるので越冬してくれると楽しみが増えるのですが…。

公園の芝生には、部分白化したキジバトがいました。最初見たときは木漏れ日が当たっているのかと思いましたが、よく見てみると部分白化個体でした。キジバトの部分白化は度々目にしますね。

アトリ

アコウの実をついばむアトリのオス。

アトリ

松ぼっくりから実を取り出すアトリのメス。数十羽のアトリが一斉に松の実を食うと、実を覆う薄皮が粉雪のようにひらひらと舞っていました。

マヒワ

マヒワのオス。こちらも松の実を食っているようでした。

マヒワ

マヒワは、群れでやってくると木の高いところであたりを見回していました。

キジバト(亜種リュウキュウキジバト)

部分白化のキジバト。