最新のエントリーhttp://shimasoba.com/entry/最新のエントリーjaMon, 14 Jun 2021 15:47:43 +0000ソリハシセイタカシギ、エリグロアジサシほか(動画あり)http://shimasoba.com/blog/1885/石垣島では春と秋の渡りの時季に通過するソリハシセイタカシギが、なぜかこんな時季に到着しました。石垣島ではすでに稲刈りが始まっており、2面だけ残された水の張られた田んぼでエサをとっていました。セイタカシギも数羽滞在中です。海岸には、チュウシャクシギ3羽とキアシシギ7羽が滞在していました。どれも若い個体なので繁殖に参加しないということなのでしょうか。エリグロアジサシたちは産卵が始まったようでコロニーでは数ペアが抱卵していました。狭い岩礁でコロニーを形成しているので場所取りで大騒ぎです。http://shimasoba.com/blog/1885/リュウキュウツバメ造巣中http://shimasoba.com/blog/1884/わが家の1階にリュウキュウツバメが5月31日から巣作りを始めました。2週間かけてほぼ完成したようです。無事に巣立つまで観察したいと思います。http://shimasoba.com/blog/1884/カタグロトビ2カ所で巣立ち(動画あり)http://shimasoba.com/blog/1883/2カ所で合わせて4羽のカタグロトビの巣立ちを確認しました。自宅近くで巣立った2羽は、2日ほど前に姿を現すようになり、虹彩はまだ真っ黒です。もう一カ所の2羽は、すでに親元を離れてきょうだい2羽で行動しています。虹彩の色も黒から少しだけ色が付いてきていました。リュウキュウコノハズク、リュウキュウアオバズクはまだ抱卵中ですが、順調に進んでいるようです。http://shimasoba.com/blog/1883/アカショウビン抱卵中、ベニバト滞在中http://shimasoba.com/blog/1882/石垣島のリュウキュウアカショウビンはほとんどのペアが抱卵に入っています。7月中旬ごろには巣立ちラッシュとなります。`先日のベニバト <https:クマゼミの鳴き声が島内各地で聞こえだし、石垣島はまもなく夏本番を迎えます。近年、台風が少なく暑い夏が続いていますが、今年はどうなることか今から心配です。http://shimasoba.com/blog/1882/ド派手なスズメとベニバトhttp://shimasoba.com/blog/1881/雨で公園にも行けないし、新型コロナで人混みははばかられるということで行って来た `家族ボードウオッチング <https://shimasoba.com/blog/1880/>`_ の続き。リュウキュウヨシゴイのバトルやオグロシギなどが見られて短時間鳥見にしては良かったかなと思っているとスズメの群れの中に何やらあやしい鳥影。大きさ形はスズメなんですが、明らかに赤い。オリイヤマガラをさらに赤くした感じの小鳥を双眼鏡に入れてみると赤褐色の色彩変異が見られるスズメでした。これまで `バフ変の白っぽいスズメ <https://shimasoba.com/blog/909/>`_ や `部分白化のスズメ <https:同じエリアにはベニバトが3羽飛来。キジバトの群れに混じって稲刈り後の落穂を拾っていました。http://shimasoba.com/blog/1881/リュウキュウヨシゴイの戦い、オグロシギ、タマシギほかhttp://shimasoba.com/blog/1880/家族4人で1時間に満たない時間ですが、久しぶりに田んぼでのバードウオッチングをしてきました。息子は現れる鳥すべてを「鷲!!」と大喜びでした。残念ながら石垣島唯一の鷲のカンムリワシには出会えませんでしたが、繁殖期を迎えているリュウキュウヨシゴイのオス2羽とメス1羽が入り乱れて繰り広げるバトルを観察できました。きれいな婚姻色に染まったオレンジ色のリュウキュウヨシゴイたちがまもなく刈り取りが始まる黄金色の稲穂の上を飛び回っていました。台風3号が通過して天候が荒れたのでオグロシギ2羽が入りました。飛翔能力の高い大型シギは、海上が荒れでもしないとなかなか石垣島には降りてくれません。セイタカシギも10羽程度いました。この田んぼで繁殖しているタマシギのオスが一羽でいました。子育ては終わったのでしょうか。ほかにも色彩変異で赤褐色になったスズメやベニバトのオスとメスに会えました。http://shimasoba.com/blog/1880/リュウキュウツミ、アオバズク抱卵中http://shimasoba.com/blog/1879/夕方、リュウキュウツミとリュウキュウアオバズクの繁殖状況を確認。順調です。http://shimasoba.com/blog/1879/アカショウビン、キンバト、リュウキュウキビタキ、リュウキュウコノハズク、リュウキュウツミ(動画あり)http://shimasoba.com/blog/1878/短時間バードウオッチングでしたが、石垣島の留鳥が勢揃いしました。^^公園や林道などでリュウキュウアカショウビン数羽。巣穴堀りをしている個体やすでに抱卵に入っているペアなど出会えました。キンバトの出会いは5月中旬ごろから非常に多くなり、ご多分に漏れず落下して裂開したオオバギの種子をついばんでいます。リュウキュウキビタキは今年生まれの個体がすでにさえずりながら縄張りを主張。警戒心は弱めで縄張りの見回りなどしっかり観察できました。リュウキュウコノハズクも数ペアが抱卵中です。`自宅近くのカタグロトビ <https://shimasoba.com/blog/1872/>`_ の子育てを観察していたら、リュウキュウツミの巣を見つけました。カタグロトビの巣からほんの20〜30メートルしか離れておらず驚きました。ツミはほかのツミが近くを通ると追いかけて縄張りから排除していましたが、カタグロトビに対しては知らんぷり。カタグロトビもカラスにはアタックするのですが、ツミのことは気にかけていないようでした。不思議です。http://shimasoba.com/blog/1878/リュウキュウコノハズクとキンバトhttp://shimasoba.com/blog/1877/子どもがアオバズクを見たいというので一番見やすいポイントにいったら、なんと新型コロナの影響で封鎖。仕方ないので近所のリュウキュウコノハズクでお茶を濁しました。帰り道には歩道でキンバトのオスを発見。この時季見るキンバトはたいていオオバギの種子を食っています。http://shimasoba.com/blog/1877/クロハラアジサシ増量カイツブリ孵化http://shimasoba.com/blog/1876/`近所の川のクロハラアジサシは先日の3羽 <https:カイツブリはヒナが5羽孵化。小さな沈砂池での繁殖ですが、カイツブリぐらいのサイズなら餌は間に合うのかな?http://shimasoba.com/blog/1876/公園のアカショウビンとズグロミゾゴイhttp://shimasoba.com/blog/1875/公園でリュウキュウアカショウビンのペアを観察。求愛給餌や交尾などは確認済みのペアですが、抱卵にはまだ至っていないようです。時折、近くの独身のオス個体が縄張りに入ってくるとペアのオスの方が激しく追い回していました。近くにはズグロミゾゴイが餌探し中。繁殖中の個体と思われますが、巣はどこか分からず…。http://shimasoba.com/blog/1875/今季初となるクロハラアジサシと子育て中のカタグロトビhttp://shimasoba.com/blog/1874/今季初となるクロハラアジサシが石垣島にも到着しました。3羽の群れでした。河川の上を飛びながら獲物を捕まえていました。カタグロトビは自宅近くで繁殖中の個体。リュウキュウマツからカラスなどを警戒していました。http://shimasoba.com/blog/1874/皆既月蝕http://shimasoba.com/blog/1873/3年ぶりの皆既月蝕。スーパームーンと重なったのは24年ぶり。次回、スーパームーンと重なるのは12年後の2033年だそうです。http://shimasoba.com/blog/1873/カタグロトビ、アカショウビン、ズアカアオバト繁殖http://shimasoba.com/blog/1872/`3月31日に自宅近くでペアでいるのを見つけたカタグロトビ <https:リュウキュウアカショウビンも自宅近くで繁殖。巣穴をしっかり掘っていました。チュウダイズアカアオバトは巣は見つかりませんでしたが、行動から推測して繁殖中と思われます。上記は、全て自宅から数百メートルのところにあります。コノハズク、アオバズクもおそらく付近で繁殖していると思われます。なんでもない地域ですが、繁殖鳥の密度は濃いです。^^http://shimasoba.com/blog/1872/キンバト、アカショウビン、カンムリワシhttp://shimasoba.com/blog/1871/子どもたちが起きる前に近所の林道を一回り。キンバト2羽とアカショウビン4羽に出会えました。http://shimasoba.com/blog/1871/キンバト、リュウキュウコノハズク、アオバズク、リュウキュウキビタキなど石垣島の繁殖鳥http://shimasoba.com/blog/1870/石垣島は、繁殖鳥たちのベストシーズンに入っています。最近、忙しくて久しぶりの更新となりました。^^;キンバトは子育て真っ盛りのようで雌雄が餌を取っては巣へ運んでいました。リュウキュウコノハズク、リュウキュウアオバズクは抱卵中のペアが増えてきています。リュウキュウキビタキも繁殖中ですが、こちらはどこにん巣を作っているのか全く分かりません。エリグロアジサシも繁殖のため渡ってきました。この日は、8羽が海上を飛ぶのを確認しました。http://shimasoba.com/blog/1870/リュウキュウアカショウビン個体識別http://shimasoba.com/blog/1869/あるアカショウビンを撮ってたら「なんだか見たことがあるぞ」となって自宅に帰って過去の写真を探してみたら、やはり似た個体を2013年に撮影していました。ただ、8年も前となるとはたして同じ個体なのかどうなのか疑問が湧きます。http://shimasoba.com/blog/1869/田んぼのシギ、チドリは4種のみhttp://shimasoba.com/blog/1868/渡りのシーズンもすっかり終わり、特に田んぼには寂しい限り。この日の平田原はアオアシシギ1羽とウズラシギ2羽、セイタカシギ8羽、コチドリ2羽のみの確認で終了。http://shimasoba.com/blog/1868/リュウキュウキビタキ、アカショウビン、カンムリワシhttp://shimasoba.com/blog/1867/八重山、石垣島の夏の小鳥と言えばリュウキュウキビタキでしょうか。この時季、鳴き声は聞こえるのですが姿はなかなか見せてくれませんが、根気よく探せば枝でさえずる姿を拝めます。このオスのリュウキュウキビタキは、縄張りの見回りなのか、さえずっては枝を変えて移動していました。アカショウビンはどこに行ってもいます。警戒心の薄い個体なら長時間の観察も可能です。もちろん観察、撮影する車内の人影が見えないような簡易的なブラインドを利用したりしますが…。カンムリワシは現在抱卵中のペアがほとんどで田んぼやサトウキビ畑でめぐりあう機会は減りましたが、林道などでは遭遇します。http://shimasoba.com/blog/1867/リュウキュウコノハズク、アオバズク、アカショウビンの繁殖見回りhttp://shimasoba.com/blog/1866/リュウキュウコノハズク3カ所、リュウキュウアオバズク2カ所、リュウキュウアカショウビン2カ所の営巣確認をしてきました。サンコウチョウやサンショウクイ、シジュウカラなども巣作り、子育て中のようでした。ズグロミゾゴイとリュウキュウヨシゴイも子育て中。オサハシブトガラスの巣立ちビナが地面に落ちていました。海岸にはこれから繁殖地の尖閣諸島へ向かうオオアジサシが40羽ほど飛来していました。子育て後は巣立ちビナを連れて毎年、戻ってきます。http://shimasoba.com/blog/1866/