最新のエントリーhttps://shimasoba.com/entry/最新のエントリーjaTue, 04 Aug 2020 17:09:05 +0000サルハマシギ6羽!!https://shimasoba.com/blog/1646/サルハマシギ6羽が田んぼにいると連絡をもらい休憩時間にサクッと見てきました。現地に到着し、水の張られた田んぼにはたくさんのシギが集まっていました。双眼鏡を持っていくのを忘れたのですが、サルハマシギは肉眼でもすぐに分かりました。全て成鳥で夏羽から冬羽へ換羽中でした。一度にいろいろな状態の羽衣が見られて得した気分です。^^https://shimasoba.com/blog/1646/台風4号でエリグロアジサシ被害https://shimasoba.com/blog/1645/これまで全く台風がなかった石垣島についに台風がやってきてしまいました。順調にいっていたエリグロアジサシの子育てもコロニーの一部で被害が出たようです。今日は吹き返しの風が強烈だったので、また後日、しっかりと確認したいと思いますが気が重いですね。https://shimasoba.com/blog/1645/秋の渡りのシギ、チドリ6種https://shimasoba.com/blog/1644/先日の `シギ、チドリ合わせて11種 <https:今季初のコアオアシシギとセイタカシギやまとまった数のアオアシシギなどが確認できました。https://shimasoba.com/blog/1644/エリグロアジサシ、コアジサシ子育て順調https://shimasoba.com/blog/1643/台風が全く発生しない7月でエリグロアジサシやベニアジサシ、コアジサシの子育てが順調に推移しています。エリグロアジサシは孵化後2週間ほどのヒナが数羽。抱卵している個体やこれから産卵に入ろうかというペアもいます。コアジサシはすでにヒナが巣立っており、子連れで河口を飛び回っていました。https://shimasoba.com/blog/1643/足環付きのカンムリワシhttps://shimasoba.com/blog/1642/見慣れない場所に右足に緑色の足環を付けたカンムリワシがいました。汚れて記号が読めないのが残念。https://shimasoba.com/blog/1642/抱卵中のエリグロアジサシなどhttps://shimasoba.com/blog/1637/エリグロアジサシとベニアジサシの二つのコロニーから離れている岩礁で単独で繁殖しているペア。今年は、1951年の観測開始以来、史上初めて台風発生のない7月となっており、石垣島、八重山にももちろん台風は全く来ていません。台風被害がないことから、アジサシのコロニーはどこも順調でメインの二つの岩礁は満員御礼状態です。仕方なくこんな小さな頼りないところで抱卵していると思われます。岸から近く、単独での子育てなのでカラスの被害が心配です。https://shimasoba.com/blog/1637/リュウキュウコノハズクのヒナの昼間の顔https://shimasoba.com/blog/1636/`昨日の夜に巣立ったリュウキュウコノハズクのヒナ <https:ここの親鳥は人間には全く興味がないので、さらにしばらく探してみると、コノハズクのヒナは、なんと私の胸より低い位置に止まっていました。^^ 一足先に一昨日、巣立った兄弟とメス親も探しましたが見つけられず。そちらのヒナは飛べるようになっているので、さらに込み入ったところにでも隠れているのでしょう。数枚写真を撮ってからいつものようにスポッターさんへ連絡。バードウオッチングのお客さんと川平方面にいましたが、さっそく飛んできました。コノハズクのヒナが昼間に見られるなんてラッキーなお客さんですねー。^^https://shimasoba.com/blog/1636/リュウキュウアカショウビン親子https://shimasoba.com/blog/1635/リュウキュウアカショウビンの親子を1週間以上前から確認しているのですが、撮影に時間がさけずいるうちにアカショウビンの幼鳥は、給餌を必要としないぐらい大きく成長してしまいました。^^;親鳥はそうでもないのですが、幼鳥の警戒心が強くてなかなか観察しにくい個体です。https://shimasoba.com/blog/1635/リュウキュウコノハズク巣立ちhttps://shimasoba.com/blog/1634/2日に分けてリュウキュウコノハズクのヒナ2羽が巣立ちました。^^ 数日もしたら2羽で並んで親鳥から餌をもらうようになります。1カ月以上、ほぼ毎晩観察してきたので感慨深いものがあります。来年もぜひ繁殖してほしいものですね。繁殖を観察しているところで、まだ巣立っていないのはカンムリワシが1巣とアカショウビンが2巣となりました。https://shimasoba.com/blog/1634/ズグロミゾゴイ巣立ちhttps://shimasoba.com/blog/1633/ズグロミゾゴイが巣立ちました。ズグロミゾゴイは巣立つ数日前からヒナが巣を壊し出し、巣立つころには跡形もなくなります。警戒心が強いので巣立つまで3回しか見にいきませんでした。ムラサキサギといいサギの仲間は成長がゆっくりですね。https://shimasoba.com/blog/1633/話題のネオワイズ彗星https://shimasoba.com/blog/1632/2020年3月に発見された新彗星のネオワイズ彗星が見ごろを迎えているということで家族で見てきました。再び地球に近づくのは数千年後とのこと。生きているかどうか分からないので、今月中に、もう一度ぐらい見ておきたいですね。^^思った以上に明るく大きく、北西の空を見ると肉眼でもすぐにそれと分かりました。双眼鏡でのぞくとさらに鮮明に長く引く尾と青白い色までも観察できました。念のためカメラも持参していたので、無限遠も合わさないまま、息子をひざに乗せての撮影。一応、それらしく写すことができました。ロケハンなど準備をしっかりして、再撮影に臨みたいところです。https://shimasoba.com/blog/1632/アカショウビン、カタグロトビ、ツバメチドリなどhttps://shimasoba.com/blog/1631/取材の合間に見た鳥たち。こうやってみると石垣島は野鳥の楽園ですね。^^カタグロトビの繁殖ポイントではたくましく育った幼鳥がカラスを追い散らしていました。少し前まではカラスにいじめられて流血までしていたのに成長したものです。カタグロトビの近くにはツバメチドリの成鳥と幼鳥が合わせて10羽ほど。おそらく石垣島での繁殖個体たちです。公園ではリュウキュウアカショウビンを数羽。子育てはほぼ終わっています。ズグロミゾゴイは子育て中の個体や巣立って独り立ちした個体などさまざま見られます。田んぼではタカブシギやヒバリシギ、コチドリたちが羽を休め、その上をクロハラアジサシが飛び回っていました。会社近くの田んぼではムラサキサギの幼鳥、海岸ではエリグロアジサシやベニアジサシ、コアジサシ。今季は台風が来ておらず、アジサシたちの繁殖が順調です。いつも繁殖する岩礁が定員オーバーでその手前の岩礁で仕方なく抱卵しているエリグロアジサシもいました。仕事中にこれだけ鳥が見られる場所もなかなかないと思います。仕事が終わって家で晩飯を食った後は、いつものリュウキュウコノハズク観察。2羽のうちの1羽が巣立ちました。^^https://shimasoba.com/blog/1631/巣立ち間近のコノハズク、巣立ったズグロミゾゴイ、子育て終了のアカショウビンhttps://shimasoba.com/blog/1630/石垣島の野鳥たちの子育ても中盤です。アオバズクは6カ所すべて巣立ち終了。コノハズクは残すところ2巣。カタグロトビは、いったん子育て終了ですが、年に複数回繁殖します。ズグロミゾゴイは巣立ち後、数日たった幼鳥が複数カ所で見られたり、子育て中だったり。カンムリワシは、まだまだ子育て真っ最中で巣立ちは8月の下旬ごろから順次始まる感じです。エリグロアジサシとベニアジサシも子育て中、ツバメチドリは巣立った個体を営巣地以外でも見るようになりました。https://shimasoba.com/blog/1630/近所の夜探でコノハズク、アオバズク、ズグロミゾゴイhttps://shimasoba.com/blog/1629/寝る前に近所をパトロール。子育て中のリュウキュウコノハズクとリュウキュウアオバズクをチェック。久しぶりに記録用の写真も撮ってみた。ズグロミゾゴイやアカショウビン、キジバトなども休んでいました。https://shimasoba.com/blog/1629/巣から落っこちたコノハズクのヒナhttps://shimasoba.com/blog/1628/仕事中、師匠から電話。なんと私がほぼ毎晩、観察しているリュウキュウコノハズクのヒナのうち、1羽が地面に落下していると!! 巣の場所が高くて戻せないと言うことなので慌てて飛んで行きました。見つけた時は、カラスに今にも襲われるというところで危機一髪、助かったようです。問題の樹洞の入り口が高く、手が届きません。スポッターさんもかけつけ、脚立を出してなんとか巣へ戻すことができました。親鳥は近くにいるので、いつ襲いかかってくるかと怯えながらの救出劇でした。^^;近くには、アカショウビンの巣立ちビナ。昼間、待っていれば給餌も見られると思いますが、平日は仕事、休日は家族サービスがあるので無理ですね…。^^;https://shimasoba.com/blog/1628/海岸のシギ、チドリ、アジサシなどhttps://shimasoba.com/blog/1627/石垣島は、今年最高となる34度を記録しました。波照間島は34.5度。暑くて死にそうです…。^^;そんな中、海岸でシギチやアジサシを見てきたのですが、熱中症になりそうなので早々に引き上げてきました。メタルリング付きのベニアジサシがいたので番号を読みたいところですが、空気が揺らぐし暑さで集中力がもたないので難しいですね。フラッグとメタルリング付きのキアシシギもいたそうです。https://shimasoba.com/blog/1627/アオウミガメの孵化(動画あり)https://shimasoba.com/blog/1626/知り合いのオジーから「ウミガメが孵化するぞ」と連絡があったので、夕方、家族でアオウミガメのハッチアウトを見てきました。3歳の息子は大喜び、0歳の娘はきょとんとしていた。^^午後2時からハッチアウトが始まっているそうで砂浜には無数の子亀の足跡。現場について、30分ほどの間に3匹が元気に海へ帰って行きました。深夜にかけてまだまだ出てくると言うことでした。ウミガメの子どもは孵化後数時間はエネルギーが爆発してそのタイミングで海に帰らないといけないそうです。そのような事情で、昔、流行っていた子亀の放流イベントは現在は禁止だそうです。https://shimasoba.com/blog/1626/秋の渡り始まる シギ・チドリ11種とアジサシ3種https://shimasoba.com/blog/1625/近所の海岸と田んぼで秋の渡りチェック。7月ともなれば、渡り鳥の世界ではすでに秋の移動が始まっています。楽しい季節がやってきましたね!!海岸では、ツバメチドリやメダイチドリ、シロチドリ、トウネン、イソシギ、ソリハシシギが田んぼでは、タカブシギやヒバリシギ、アオアシシギ、アカアシシギ、コチドリが長旅で疲れた体を休めていました。また、海岸や岩礁ではベニアジサシやエリグロアジサシ、コアジサシが繁殖しており大変賑やかです。https://shimasoba.com/blog/1625/アオバズク巣立ちとまもなく巣立ちのコノハズクhttps://shimasoba.com/blog/1624/リュウキュウアオバズクが2日に分けて巣立ちました。家族で並ぶシーンはありませんでしたが、可愛らしいヒナを撮影できました。リュウキュウコノハズクも各所で順調に子育て中で今か今かと楽しみにしています。イシガキヒヨドリも子育て中のようでバッタを捕まえて巣へ運んでいました。ムラサキサギも子育て中のはずですが、今年は繁殖が観察できず…。https://shimasoba.com/blog/1624/仕事の移動中に見た鳥https://shimasoba.com/blog/1623/仕事で移動中につまみ食い。アカショウビンやコノハズク、アオバズク、クロハラアジサシが見られました。写真には撮っていませんが、キンバトやカンムリワシ、ムラサキサギ、コアジサシ、エリグロアジサシなども車を運転しながら横目でチラ見。^^https://shimasoba.com/blog/1623/