最新のエントリーhttps://www.shimasoba.com/entry/最新のエントリーjaSun, 28 May 2017 14:50:12 +0000セッカの子育て(動画あり)https://www.shimasoba.com/blog/1044/牧草地に巣立ちから1〜2日経過したセッカのヒナが5羽いました。セッカは一夫多妻なのでオスは子育てに参加しません。メス親はヒナへの餌を運びに、オス親は縄張りに入ってきたよそ者のセッカを追い払うのに大忙しでした。ヒナに持ってくる餌は、ほとんどがカマキリの幼虫で、たまにクモを捕まえてくるようです。ヒナたちは、目の前をハエなどが飛ぶと反応して目で追っていた。生まれながらにしてなかなかの動体視力を持...https://www.shimasoba.com/blog/1044/サンコウチョウとアカショウビンhttps://www.shimasoba.com/blog/1043/アカショウビンが巣作りしていました。営巣木の根元に落ちる木屑がまだまだ少ないので途中ですね。今が一番神経質な時なので、しばらくは放っておきましょう。親鳥の姿は、このペアを2回見たのと南部では1羽見た。南部の個体は営巣しているかは不明。サンコウチョウも数ペアが子育て中です。すでに抱卵に入っているようで、動きが少なく巣の発見までには至らず。ことしは、巣作り期間のゴールデンウイークにサンコウチョ...https://www.shimasoba.com/blog/1043/アマツバメ、コシアカツバメ、ショウドウツバメ、ツバメhttps://www.shimasoba.com/blog/1042/小高い崖の上で景色を見ながら涼んでいたら、ツバメ4種が上空を行ったり来たりしてくれました。春の渡りのかなり遅いグループでしょうか?一番大きなアマツバメが1羽、コシアカツバメとショウドウツバメはずつ数羽、ツバメはたくさん。ツバメ以外は、これから北上して行くのでしょう。短いレンズしか持っていなかったので、どれも遠かった。https://www.shimasoba.com/blog/1042/アオバズク抱卵中https://www.shimasoba.com/blog/1041/近所のアオバズクは、抱卵中のようです。昨年、ここのペアのヒナたちは7月の第1週に巣立ちました。この調子だとことしも6月末か7月頭には巣立ちするでしょう。https://www.shimasoba.com/blog/1041/ツミ求愛給餌https://www.shimasoba.com/blog/1040/先日、巣作りを確認したツミのペア が求愛給餌していた。獲物を持ってきたオスが松の木でしきりに鳴いていると思ったら、メスが飛んできてメジロらしき獲物をもらっていた。すでに羽は綺麗にむしられて調理済み。^^https://www.shimasoba.com/blog/1040/シロチドリ子育て順調(動画あり)https://www.shimasoba.com/blog/1039/ゴールデンウイークあたりに一斉に卵から孵ったシロチドリのヒナたちは、順調に育っています。きょう確認できたヒナは8羽でしたがもっとたくさんいそうです。一番小さなヒナは、孵化してから数日しかたっていない感じです。大きく成長したヒナは、すでに綿毛も抜け落ち羽に変わりつつあります。大きさはまだ親鳥の半分ぐらい。ちょこまか動く小さなヒナを動画に収めるとは苦労しました…。^^;草原には、植物の種を食...https://www.shimasoba.com/blog/1039/一瞬の大授搦https://www.shimasoba.com/blog/1038/妻の実家へ遊びに行ったついでに30分ほど大授搦をのぞいてきた。満潮の時間帯だったけど中潮だったので鳥が遠い…。遥か彼方をハマシギやダイゼン、ホウロクシギなどが大群で飛んでいた。クロツラヘラサギも数羽休んでいた。帰り道は、カササギを探して見たが2羽だけ確認できた。https://www.shimasoba.com/blog/1038/ノグチゲラの営巣とイシカワガエルhttps://www.shimasoba.com/blog/1037/名護市で取材があったので、少し足を伸ばしてやんばるまで行ってきた。沖縄地方は、湿気を含んだ南風が吹き蒸し暑い一日でした。明日には梅雨入りの見込みです。ノグチゲラが営巣していました。数分から15分ごとにゴキブリやカミキリムシの幼虫、クワなどの木の実などを運んでいた。オスが運んでくる頻度が高かった。また、捕まえてくる獲物が小さく巣の中にすっぽりと入って給餌しているのでヒナは、まだ小さいと思われ...https://www.shimasoba.com/blog/1037/やんばるの林道でホントウアカヒゲ、リュウキュウキビタキhttps://www.shimasoba.com/blog/1036/昨日から愛鳥週間が始まりましたので、久しぶりにやんばるに赴き、繁殖シーズンに入ったホントウアカヒゲやリュウキュウキビタキなどをめでてきた。アオバズクは、求愛給餌をしたり、メスが樹洞に入って座り心地を確認していたので近いうちに産卵するようです。ヤンバルクイナは、何羽か道路を横切ったりするのですが、写真に収められず…。残念ながらリュウキュウオオコノハズクには、全く出会えなかった。^^; アカショ...https://www.shimasoba.com/blog/1036/コアジサシ営巣準備、シロチドリの子育てhttps://www.shimasoba.com/blog/1035/2週間以上前に今季初確認だったコアジサシたちは、営巣準備に入り出したようです。シロチドリたちは、観察していた八つの巣でこの数日の内に一斉にヒナが孵ったようで、合計8羽のヒナを確認しました。3卵が8巣の計算で全部で24羽のヒナがあたりにいるはずなのですが、草丈よりヒナの方が小さいので確認できたのは、たったの3分の1だった。まだ抱卵しているのはあと1巣。https://www.shimasoba.com/blog/1035/アオバズク3ペア営巣開始https://www.shimasoba.com/blog/1034/今日は、ゴーヤーの日でした。雑木林などでは、今年もアオバズクの営巣が始まりました。2巣で抱卵中、1巣は間も無く抱卵開始です。昨年は、4巣を見つけたのですが、残る1巣にはまだ気配がありません。昨年も一番遅い繁殖ペアだったので心配しなくても近いうちにやって来ることでしょう。6月末から7月上旬にかけて順番に巣立ちます。今年は、EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM を手に...https://www.shimasoba.com/blog/1034/コアジサシ求愛給餌、シロチドリ抱卵中https://www.shimasoba.com/blog/1033/きょうは、二十四節気の一つ立夏でした。沖縄那覇市では、最高気温29.3度で湿度も高く非常に蒸し暑い一日だった。北部の名護市と大宜味村では集中的な大雨があったようで、50人以上の人たちが急激に増水した源河川の対岸に取り残され消防に救助されたようです。全員無事でよかった。米須海岸では、25日に今季初確認したコアジサシの数もどんどん増えてきて、すでにカップルになったコアジサシも見られました。こ...https://www.shimasoba.com/blog/1033/ツミの繁殖シーズン到来 巣作り終盤https://www.shimasoba.com/blog/1032/きょうは、憲法記念日∩ごみの日∩世界自由報道デーです。昨日は、夏も近づく八十八夜、明後日は二十四節気の一つ立夏。沖縄本島は蒸し暑い一日でした。雨上がりの松林では、ツミの繁殖シーズンが始まり、きょう見つけた新規のツミのカップルが巣作りに勤しんでいました。巣は、概ね完成している様子です。オスが主に巣材の小枝やモクマオウの葉などを運んで来ていた。メスは、オスがたまに捕まえて来た小鳥のような獲物...https://www.shimasoba.com/blog/1032/アカガシラサギの狩り(動画あり)https://www.shimasoba.com/blog/1031/アカガシラサギの狩りを間近で観察できました。小さな昆虫やクモ、グッピー、ヤモリなどを主に捕まえていました。警戒心が弱いようで、地面に座って観察しているとだんだんこちらに近づいて来た。一番近いときは、アカガシラサギまで3メートルほど!! こんなに近くでじっくりと見たのは初めてです。https://www.shimasoba.com/blog/1031/オオメダイチドリ、メダイチドリ夏羽https://www.shimasoba.com/blog/1029/満潮近くになるとメダイチドリとオオメダイチドリが草原に休憩にやって来ます。https://www.shimasoba.com/blog/1029/シロチドリのヒナ(動画あり)https://www.shimasoba.com/blog/1030/今朝は、石垣島で1時間に98ミリという猛烈な雨があったそうです。これは、積乱雲で構成されたテーパリングクラウドが原因だったようで、石垣島地方気象台の120年余りの観測史上、4月としては最も多い降雨量。低い土地では床下、床上浸水がありましたが人的被害がなかったのが不幸中の幸いでした。沖縄本島では雨は降らず、 数日前に孵った3羽のシロチドリのヒナ たちは、みんな元気です。このまま順調に育つこと...https://www.shimasoba.com/blog/1030/ioraの二人と鳥見 サルハマシギ夏羽などhttps://www.shimasoba.com/blog/1028/今日は、ミュージシャンの iora とバードウオッチングをして来ました。野鳥に関する曲も多数手掛けており、石垣島のバードウオッチャーたちは、彼らがライブにやってくると必ず見に行きます。昨日のコシャクシギ も案内したのですが残念ながら見つけられず。^^;その代わり、サルハマシギやコアオアシシギ、ioraの好きなツバメチドリは近くで観察できた。サルハマシギとコアオアシシギはライファーだそうで...https://www.shimasoba.com/blog/1028/コシャクシギ4羽とツバメチドリの群れhttps://www.shimasoba.com/blog/1027/チュウシャクシギのようなアオアシシギのような、聞きなれない鳴き声が上空から聞こえて来たと思ったら、コシャクシギが4羽目の前に舞い降りました。こんなことがあっていいのか!?コシャクシギは、石垣島でも何度か見たことはあるのですが、はるか100メートル彼方にいるのを双眼鏡で見たことがあるだけで、実質、ライファーみたいなものです。^^向こうからこちらへどんどん近づいて来たりと愛想の良いコシャクシ...https://www.shimasoba.com/blog/1027/シロチドリのヒナ3羽(動画あり)https://www.shimasoba.com/blog/1026/先日から観察していたシロチドリの巣 のうちの一つが孵化したようです。可愛らしいヒナを3羽確認できました。これから孵化ラッシュが続き、あたりは小さなヒナだらけになります。^^https://www.shimasoba.com/blog/1026/久しぶりの金武芋畑https://www.shimasoba.com/blog/1025/久しぶりに金武の芋畑へ行って来た。水路には、美しい夏羽のコアオアシシギ、億首川には、70羽弱のセイタカシギの群れ、畑には夏羽のアマサギ、休耕田には、ジシギ(チュウジシギ?)、夕方になるとどこからともなく、数十羽のタカブシギの群れが田んぼに入りました。セキレイの仲間もほとんどいなくなり、キセキレイを1羽だけ確認した。https://www.shimasoba.com/blog/1025/